子育てって本当にお金が掛かりますね。塾に進学に習い事に・・・。私は月2回のダブルワークで自分のお小遣い(3万円)を確保しています(=^・^=)


子供が小さいうちは、手がかかって大変でした。

 

小学校、中学校と成長するにしたがって、手はかからなくなってきました(^ー゜)

 

ただ、お金が掛かるようになってきたんですよね(。-_-。)

 

保育園の頃に比べると、集金は高くなるし、部活での部費や道具に掛かるお金、遠征費用と毎月数万の出費です。

 

中学の入学になると、制服代も高いし、自転車も7万くらいするから、お金を貯めておかないといけませんね(´・Д・)」

 

高校や大学進学にもお金がかかるし、そのための塾や習い事にもお金がかかりますね。

 

子供の洋服も、毎年のように買い替えだし、靴なんかすぐにボロボロですよ…(−_−;)

 

子供にかかる出費で、自分にかけるお金の余裕がありません(T ^ T)

 

給料なんか、給料日に支払いごとに振り分けたらなくなっちゃいます。

 

でもね、色々と欲しいものもあるし、友人とランチとかにいく交際費も欲しいし、やっぱり自分のお小遣いが欲しいなって思ったんです(´・Д・)」

 

そこで、月に2回派遣の仕事をすることにしました。

 

パートと違って、自分の都合の良い時だけ働けるんですよねd(^_^o)

 

だから、常勤の休みの日で、用事のない時だけ派遣の仕事をいれています。

 

派遣看護師の仕事は、時給がいいから月に2回の仕事でも3万くらいは稼ぐことができるんです。

 

私は訪問看護の派遣で働いています。

 

訪問看護の常勤は、仕事がキツイってよく聞いていたけど、派遣の仕事はわりと楽なんですよ。

 

重症度の高い患者さんは、常勤のナースが受け持っているので、私たち派遣はわりと医療行為の少ない患者さんを受け持たせてもらっていますよ(^o^)

 

常勤の仕事、子育て、家事をしながらも、臨時収入が稼げるのは、条件のいい派遣の仕事だからですよねd(^_^o)

老健のドクターは仕事ができるかどうか?

 

私の働く老健は医療法人ではなく、ドクターも地元の医者ではありません。

 

募集し、県外から連れてくる事がほとんどです。

 

たいてい1~3年の契約で、長くとどまってくださるドクターはいません。

 

老健の施設医を探すのにもかなり難儀しています。

 

契約終了の時期が来ると、次のドクターは?という話で医務内は持ちきりです。

 

やはりドクターも色々な方がいますから、それに合わせて私たちもやり方を変えなければならないのです。

 

施設ドクターとしてこられる方は、たいてい70~80代高齢の方です。

 

病院などの最前線で働くのは、年齢的にキツイけど、老健のようなゆっくりした職場であれば...という感じなのでしょうかね。

 

年齢的に上な事もあり、わりと穏やかなドクターが多いです。

 

物腰も柔らかく、利用者さんの話もゆっくり聞いてくれます。

 

仕事はゆっくりですが、やはり医者!と思う事がよくありますね。

 

記憶力や頭の回転はとても良いです。

 

今のドクターは86才ですが、とてもそんな高齢には見えず、適切な指示をいただけます。

 

以前は、ドクターが変わるたびに回診や処方など全てドクターに合わせてやり方を変えていました。

 

しかし、それはドクターを立てているようでありながら、ドクターにもナースにも負担が大きいのです。

 

そこで、ある程度の基本的な所はこちらで決め、それをドクターにお伝えしています。

 

回診や定期処方のやり方、ドクター不在時の急変の対応や臨時薬についてなど、どうしていたかお伝えします。

 

後は、夜間やドクターの休日は駆けつけるか電話連絡だけにするかなどを決めて頂きます。

 

そうすることで、施設経験のないドクターも負担が少なく、私たちもその都度変わりがないので楽になりました。

 

看取りの方など、前もって急変が予測出来る場合は、ドクターも帰省せず休日もこちらで待機してくださったりしています。

 

よほどの急変の時は、ドクターも駆けつけは厳しいので、電話報告で救急搬送の指示を頂きます。

 

ご高齢のドクターが多いため、ナースも夜間の連絡は気が引けますが、ドクターも快く承諾してくださる優しい方が多いので、とても助かっています。

 

 

ブランクのある看護師におススメの職場

利尻ヘアカラートリートメント

 

看護師の仕事をしていると、よく「大変なお仕事だね、頑張ってね」と声をかけられます。

 

看護師の仕事といえば、やはりキツイ仕事ですし、時間も不規則で大変な仕事ですね。

 

看護師というとやはり女性のお仕事、というイメージの強い職種です。

 

最近では男性の看護師も増えてきましたが、まだまだ圧倒的に女性の多い職種ですね。

 

そんな大変な仕事ですから、結婚や妊娠を機に退職や転職される方が非常に多いです。

 

看護師は一度退職してしまうと、なかなか復職も難しいと言われています。

 

なぜなら、医療は日々進歩していますから、知識や技術も常に新しくなっています。

 

苦労してとった国家資格でも、一度とったから一生安心...というわけではないのですよね。

 

やはり、日々新しい事を学んでいかなければ、人の命を預かる責任の重い仕事は出来ません。

 

そういったわけで、ブランクが長くなれば長くなるほど、看護師の仕事に復職しづらくなるわけです。

 

しかし、看護師の働く先も幅が広くなり、病院やクリニック以外にも必要とされる場は多くなりました。

 

もちろんある程度の知識は必要ですが、電子カルテだなんだと新しい事を覚えなくても出来る看護師の仕事がたくさんあります。

 

保育園や介護施設などの他にも、ツアーナースや、産業ナースといった色々な分野に看護師の仕事が増えています。

 

ブランクが長いから、最前線で働くのには抵抗がある...という方でも、そういった仕事なら無理なく出来るのではないでしょうか。

 

例えば、介護施設などであれば医療行為も少なく、病院のように治療を目的としていませんのでブランクがあっても働きやすいですね。

 

病院に比べるとゆっくりとした時間の中で働けますから、子育てや家庭の両立をしながらでも働きやすい職場です。

 

また、保育園などもそうですね。

 

介護施設よりもさらに医療行為は少なくなります。

 

自分の子育ての経験があればさらに働きやすい職場になると思いますよ。

 

また、検診の仕事も簡単な仕事の一つです。

 

接客業ですから、一般的なマナーと礼儀正しい言葉遣いが出来れば、ブランクが長くても無理なく働けますね。

 

また、ツアーナースのように、医療行為がほとんどなく、ツアーなどに同行する事が旅行者の不安軽減になるようなお仕事もやりやすいですね。

 

ただ、何かあった際は迅速な対応を求められますから、知識や経験は必要になります。

 

最近ではブランクの長い看護師への復職支援制度を導入している病院もあります。

 

ブランクが長くて心配という方は、そういった制度を導入している病院で働いてみるのもいいかもしれませんね。